ちかごろでは、多くの種類の育毛シャンプーが販売されていますけど、その種類は大きく次の3つに分けることができます。まず、アミノ酸系のシャンプー。これは、アミノ酸から作られる界面活性剤を使用しているへと繋がるはずです。髪や肌を構成しているタンパク質はアミノ酸から形成されていることから、肌への刺激が少なく、どういう肌質の方でも使用出来ますが、価格が高価で洗浄力も弱いのが欠点です。次に、石鹸系のシャンプー。これは、石鹸を主成分としているかもしれませんね。もともと石鹸は体の洗浄にも使用しているものですので、洗浄力が強く、加えて、地肌への負担も少なく、価格も安くてす。けれど、石鹸はアルカリ性、髪は弱酸性である事から洗いあがりの髪はキューティクルが毛羽立って、きしんでごわごわしてしまいますよね。薄めた酢などでリンスするなど、工夫が必要でしょう。お終いに、アルコール系のシャンプー。これは、最も一般的に市販されているシャンプーで、高級アルコール系界面活性剤を使っているとなっています。ここでいう「高級」とは、「分子量が大きい」ことを指します。泡立ちも良く洗浄力も強い上に安価と言う事で、現在では一番売れているタイプのシャンプーと言えると思います。けれど、刺激が強い為、乾燥肌や肌が弱い人はかぶれる恐れがありますので注意してくださいね。一般用のシャンプーは、髪のツヤやコシ、香りなどに重点をおいていますが、育毛シャンプーは頭皮の環境を改善し、抜け毛を防止することに力を入れているのです。薄毛が気になる場合には、シャンプーを育毛専用のものに変更してみるといいですねー